スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道のお土産

北海道のおみやげ
先日、北海道に行きました。
その時のおみやげに買った 「じゃが豚」とスイートポテトがとっても美味しかったので紹介します。

まず、「じゃが豚」
jaga.jpg

 中身は、じゃがいもを練った皮の中に、挽肉とキャベツが入っていて、具は和風のギョーザに似ています。魅力は、食べ心地が、もちもち・・スルスル・・ホクホク。そして、調理が簡単。しかも、添付のスープに季節の野菜をたくさん入れるともっと美味しくなります。
私は、春菊と、ニラを入れ、沸騰した時に溶き卵を入れました。マロニーなんかも相性が良いと思います。
最近、食の安全や地産地消が話題になっている中で、じゃがいもはもちろん、豚肉や野菜も北海道産のものを使用しているとのことです。


そして、スイートポテト
sweet.jpg


北海道の帯広にある「クランベリー」のスイートポテトはサツマイモを縦半割りにして、身をくり抜き、皮がそのまま容器になっているスイートポテトです。
このサツマイモの大きさが、とても大きくて、縦20㎝以上、幅は15㎝以上のものもあります。(グラム売り)
サツマイモの皮の中に、裏ごしをしたサツマイモと、下の方にカスタードがたくさん入っていて、とてもおいしいです。
 でも、本当のことを言うと、「クランベリー」は、確か、「アンデルセン」という名前(まちがっているかもしれません)の、「町のケーキ屋さん」という感じのお店でした。スイートポテトは、その日に焼き上がった分だけを売っていて、買いに行っても売り切れで買えない時が沢山ありました。その当時に比べると、味が一般的になってしまったように思います。
 以前は、一つ一つの焼き色は違いましたが、サツマイモの皮が焦げていて、焦げ味のこおばしさが中身に伝わっていました。また、カスタードもやわらかかったように思います。
私の祖母は、「これは、皮がおいしい」と言って、全部食べていたことを思い出します。
サツマイモの皮は容器としてではなく、スイートポテトの一部でした。
 あのころの、味を懐かしく思いながら、やっぱりおいしいスイートポテトです。
スポンサーサイト

ジュリアンと初めての小旅行

旅行

11月3日~4日に、私たち家族は、初めて愛犬ジュリアンと小旅行に出かけました。
行き先は、岐阜県高山・・。
なんと言っても、初めてのお泊まり!! 
心配は山ほどアリ×2。
その1:日常のジュリアンの排泄は、全て室内の決められたトイレなので、途中でしたくなったらどうしょう。
その2:ホテルでの食事は、みんなと一緒なので上手になかないで食べてくれるだろうか。
その3:夜は、ちゃんと眠ってくれるだろうか。(ジュルアンは結構神経質)・・・・等々。

でも、ジュリアンは、本当におりこうさんでした。
排泄は、バッチリ、私たちの用意した排泄用パットの上できちんとできました。(100点)
食事は、最初の2回だけ、他のわんちゃんを見てなきましたが、その後は、大きな目をキョロキョロさせて、色々な仲間を見つめていました。(90点)
夜は最初の内は、私や主人にしがみついていましたが、そのうちに寝息を立てて眠りました。(90点) すごい!!
美しい、高山の紅葉と、肌寒いぐらいの、色でたとえれば白とかブルーのような澄み切った空気の中で、ジュリアンのことを、本当に家族の一員、それ以上だと感じました。
私たちが予約した、ホテルはペンション クローバー・リーフと言う、客室5室の小さなペンションです。
全館ペットが自由に出入りできるアットホームな宿で、ペットができるだけ、日常と同じように生活ができるようにと言う配慮が随所感じられました。なんと言っても、食事がとってもおいしかった。

とくに、スクナカボチャのパイ包みスープはおいしい!!
あまりの、おいしさに、高山の朝市で、超でかいスクナカボチャを買ってしまいました。

美味しいスープ


そして、朝食は、時間を合わせて焼いてくれる、熱々のバターロール。これまた、おいしい!! 食べきれない分は、持ち帰って来ました。

景色+食事+宿泊環境の三拍子そろった、とても楽しい一時でした。
プロフィール

ジュリ&メイ

Author:ジュリ&メイ
julianとmayはいつも主役!
その他、私たちの生活日記です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。