スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア旅行記-フィレンツェ・ピサ

3つ目の都市、フィレンツェに到着。
駅に近いホテルを選んだので、とっても楽でした。
都市でありながら昔の風情を残していて、
歩いて回れるとっても魅力ある街です。
フィレンツェ-2
美術館、世界遺産、見るところがいっぱいあります。

フィレンツェ-1ドゥオモ  フィレンツェ-3ジョットの鐘楼

フィレンツェの象徴ともいえる聖母教会ドゥオモは、
テレビでみるのと実際見るのとでは迫力が違う。
大きい!
その隣にあるジョット鐘楼は、女子短大生が落書きをしたと報道された建物。
落書きはまだしっかり残ってました。
でも落書きは彼女たちだけではない。
日本人の名前はその他にたくさんあったし、
もちろん日本人以外のものだって山盛りある。

ドゥオモから少し歩くとウフィツィ美術館。
幸いこの時期は観光客が少ないのか、並ばずに入れました。
セキュリティチェックを受けて中へ入ります。
宗教画がほとんどで、有名どころをピックアップしてまわりました。
ボッティチェッリの春やヴィーナス誕生の本物があります。
この美術館からポンテヴェッキオが見えるんですが、
ポンテヴェッキオを写真で撮るなら、ここが一番いい場所だと思います。

さて、ミケランジェロの本物のダヴィデ像を見ようと、アカデミア美術館へ行きました。
有名なのに場所も入口もわかりづらいです。
彼はドーンと大きく立ってました。
写真撮影は禁止!
この美術館はダヴィデ像がメインで、失礼ながらあとはササッと通り過ぎる感じです。

ピサへ行った日は、あいにくの雨
斜塔は、これもやっぱりテレビで見るより、傾いてる感じがしました。
ピサ-1
事前にネットで予約して上ってみたんですが、
一番上はやっぱり傾いてる分、恐かった
ピサはスリに気を付けるようにガイドブックに書いてありました。
でもこんな雨の日だし、観光客もまばらだし、いないね!
なんて言ってたら、いました
帰りの電車に乗り込もうとして、降りる人たちと、乗る私たちがすれ違った時、
友人のバッグが開けられました。
すぐ気がついて振り払ったらしいんですが、
ガイドブックに載っていた通り、女の人が布を持っていて、
友人のバッグの上にかぶせるようにして犯行を行っていました!(らしい。)
何も盗られなかったのでよかったんですが、油断大敵です

次回はイタリアの食について書きたいと思ってます

<旅行者の皆様へ追記>
・ミケランジェロ広場で夜景を撮って13番のバスで駅まで行きましたが、
 5時半くらいだったためか大渋滞にはまりました。
 この時間は歩いた方が早いです。
・石畳が多いため、現地の人はヒールの高いパンプスは履いてません。
 この時期はヒールの低いブーツをみんな履いてます。
・ローシーズンだったのと、円高のおかげで駅前の4ツ星ホテルに泊まりました。
 すごくよかったのですが、客層のレベルが高い。
 朝食にくる方々は、ビジネスマンやリッチそうな老夫婦だったり。。
 しかも皆さん朝食からスーツです
 少々私たちは場違いな気もしました。
スポンサーサイト

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

プロフィール

ジュリ&メイ

Author:ジュリ&メイ
julianとmayはいつも主役!
その他、私たちの生活日記です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。